田舎暮らし

【田舎暮らし】那須に移住した私が実感しているメリット・デメリット

那須移住メリットデメリット

こんにちは、文生伊(あおい)です!

私が2020年6月に那須の田舎に移住して、1年ちょっとが過ぎました😊

以前、『1周年記念!移住後の心境や変化について』という記事で、田舎暮らしにおける私自身の感想などを書きました。

今回は、私が移住した土地「那須」で田舎暮らしする事のメリットやデメリットについて、1年経った今だからこそ実感している事に注目してみます。

都会人

那須って観光で訪れた事はあるけど、暮らすにはどうなのかな?

あおい

「田舎暮らし」のほど良い加減を選べるのが最大のメリットだと思う!

田舎暮らしに興味のある方の参考になれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

那須の紹介

まず、ざっくりと那須の紹介をしますね。

一口に「那須」と言っても、「那須」という一つの市があるわけではありません。

「那須」エリア

今は市町村合併などで複数の行政区画に分かれていますが、那須高原など那珂川上流一帯にあった旧那須郡を「那須」と呼んでいる様です。

今で言うと那須郡・那須塩原市・那須烏山市・大田原市に跨ったエリア。

ですが、観光と言う意味では、那須御用邸や那須温泉郷などのある「那須高原」を思い浮かべる人が多いのでは?

あおい

東北道から那須高原に向かう「那須街道」がいちばん施設が集まってるエリア

もちろん那須高原以外にも色んな見どころがあるのですが、観光客が集中するエリアは那須の限られた場所だったりします。

あおい

観光地は観光地、生活圏は生活圏、とパッキリ分かれてる感じ

観光地以外には、田畑や牧場などの広大な敷地が広がり、広々とした解放感のある土地だなぁというのが私の印象です。

那須の気候

那須は栃木県なので関東地方ではありますが、北東側は標高が結構あるのと、福島県との県境の地域であるため、気候的にはほぼ東北圏です。

あおい

特にうちの辺りは標高もあるので、雪も多く氷点下10度にまで下がります

私は普段は旧黒磯市の中心エリアに買い物に出かけるのですが、我が家と気温が3~5度も違って、「下界に降りてきたなぁ~」って感じがします。

そのくらい、同じ那須でも北東側は別世界。

那須(特に那須高原あたりの別荘地)が「避暑地」として名を馳せる所以ですね。

那須のメリット①自然、広々!

さて、ここから那須移住のメリットとデメリットについて。

まず第一位は、なんといっても「自然」

上記で書いた通り、那須は山間の狭い地域ではなく、土地がゆったり広々しているんです。

私は那須に移住する前に、神奈川の箱根エリアや埼玉県の秩父・飯能エリアなども検討したのですが、これらの土地は山間部を切り開いたエリアが多く、崖がきつかったり人家が密集しがちだったり…
私の求めていた環境とは違ったんですよねぇ。

うちの近所

単に自然が豊かというだけでなく、解放感あふれる自然環境が、私にとって大きなメリットです。

那須のメリット②お買い物に困らない

田舎暮らしのネックとして良く挙げられるのが、「買い物に困る」問題。

ですが、那須、特に那須塩原市は人口11万人が住む市。

あおい

人口の半分が旧黒磯市エリアに住んでる

なので、スーパーやドラッグストア、ホームセンターなど日常的な買い物には困らないんです!

品物の回転が良いので、野菜や肉はちゃんと新鮮。
レトルトや冷凍食品など加工物も商品の入れ替わりがあって飽きない。

しかも、数が売れるって事は、セールもするってこと!

都会の、駅前の、小さなスーパー・ドラッグストアの方が、よっぽど品揃えがしょっぱくて高かったよ…汗。

あおい

都会みたいに、駐車場がいつも満車&料金がバカ高いって事もないしね

ちょっと特別な買い物したい時、実物を見に都内のショールームへ…なんてのは難しいけど、そんな事は年に1回あるかないかだし。

あおい

コロナが落ち着いたら、お出かけの一環で都会に出てもいいしねー

佐川さんもクロネコさんも郵便も普通に届くし、ネットショッピングにも不便無し。

必要なものが必要十分に手に入るので、那須くらいの規模の街はちょうどいいな~と思ってます。

生活費が安い

お買い物に限らないのですが、ほどほどの人口があるせいか、光熱費などのライフラインの料金も特別高い訳ではありません

あおい

都市ガスではなくプロパンだから、それはちょっと高いけどねー

「田舎は高い」と言われる国民健康保険も、特に高くありません。

その辺りの事情は詳しくないですが、人口の多さに加え、観光業などの収入がきちんと確保できているお陰なのかな?

あおい

那須塩原市や那須町の財政力は、栃木県の中でもトップ10に入ってるよ

那須のメリット③人間関係の距離感を選べる

別荘地としても人気の那須なので、色んな人が出入りしてます

別荘に定住してる人たちもいるようですが、うちのご近所さんは年に数回しか来ません。

たまに来られた時に挨拶+雑談しますが、向こうも東京在住の方だからか、深入りしてくるような事もない。
程よくライトな関係です。

いわゆるご近所問題には縁遠い、平和そのもの

あおい

那須といえども、古くからの地元民が住んでいる集落のど真ん中に引っ越すとかだったら、話は別かもしれないけど

ご近所だけでなく、街に出ても「よそ者」感はありません。

観光シーズンでなくても主要道路には県外ナンバー車が普通に走ってるし、お店やご近所でお話しする人達も栃木弁な人とそうでない人が混在してるし。

密なご近所問題もなく、「よそ者」感に苛まれる事もなく、程よい距離感が保てるのが、私にとって大きなメリットです。

あおい

地元民と出会いたいなら、習い事などをきっかけにして、なんらかのコミュニティを探せばいいだけだしね

那須のメリット④東京が近い+新幹線駅がある

那須と言えば、新幹線が停まる那須塩原駅の存在が大きいです!

なんたって、東京駅まで1時間で行けちゃいますからね。

コロナを契機にリモートワークが浸透して、毎日出勤する働き方はしなくなりましたが、必要とあらば都心に出やすい立地というのはメリットが大きいです。

あおい

余談ですが、毎日都内に出勤する人は、小山あたりに住んでるっぽい

私は移住先を探すにあたり、那須以外にも、富士山周辺も検討したけど、ネックだったのが東京への交通の便。

特急列車はあっても、やっぱり新幹線の便利さには叶わない!

あおい

いい感じの田舎の物件となると、特急が停まる駅までも遠かったりした

そこは、那須を選んで良かったなぁ~って思ってます。

那須のメリット⑤おでかけスポットがたくさん

観光地でもある那須なので、質の良い温泉や雄大な景勝地は勿論、オシャレなカフェや美味しいレストランがいくつもあります。

博物館や美術館もあるし、遊園地や動物園だってある。

あおい

アウトレット等ショッピングモールもあるよ

各種おでかけスポットがたくさんあるので、都内に出なくても那須だけで楽しめる!

でも実は、一番メリットだと思っているのはスポットがあるという点でなく、それらが集中している場所が限られているという点。

そちらに寄りつかなければ、普段の生活の中で観光客に出会う事はほぼ無い。

あおい

静かに過ごしたい時は、ひたすらに静か!

どちらの楽しみ方も、自分の匙加減でコントロール出来るというのが、一番のメリットなんじゃないだろうか!

那須のデメリット

さて、ここからがデメリットです。

何を書くべきか悩んだのですが、上記5つのメリットの裏返し、しか思い浮かばなかった。汗。

  1. 自然、広々! ➡山深い仙人暮らしを希望してるならチョット違うかも
  2. 買い物に困らない➡田舎暮らしなのに便利すぎるかも
  3. 人間関係の距離感➡いかにもなご近所づきあいしたい人、「よそ者」になりたい人には物足りないかも
  4. 東京が近い+新幹線駅➡東京が近すぎて「移住した感」が物足りないかも
  5. おでかけスポットがたくさん➡田舎暮らしなのに俗すぎるかも

田舎ならではのデメリットもある

今回は「那須だから」という点に焦点を当てているので多くは語りませんが、田舎ならではのデメリットは那須にもあります。

例えば…

  1. 車がないと生活できない
  2. 虫・野生動物が多い
  3. 停電が多い&長い

①②については想像に難くないと思いますが、③については住んでみて発見した事でした。

ちょっと大きめの地震があった時、数時間にわたって停電していたりとか…ちょっと雷の多い嵐が来ただけですぐに停電したりとか…

あおい

この記事書いてる今し方も雷の為に数分間停電しました

那須移住メリットまとめ:”ほど良い”を選べる

といわけで、那須に移住して感じたメリット、まとめます。

那須移住のメリット
  1. 自然、広々!
  2. 買い物に困らない
  3. 人間関係の距離感を選べる
  4. 東京が近い+新幹線駅
  5. おでかけスポットがたくさん

総評: ”ほど良い”を選べる !

田舎暮らししようと思えば出来るし、優雅な観光だって出来る。

いつだって都内に出られるし、那須だけで完結させることも出来る。

その加減を自分で選べるので、自分にとっての”ほど良い田舎暮らし”が実現できるのが、那須に移住して実感している最大のメリットです!

あおい

「ちょいなか暮らし」がしたい私には、今の生活が”ほど良い”

参考になれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

このブログが気に入ったらフォローしてね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です