田舎暮らし

【田舎暮らし】生活費は安いのか?高いのか?[光熱費編]

田舎暮らしの生活費は 安い?

こんにちは、文生伊(あおい)です!

私が2020年6月に那須の田舎に移住して、1年ちょっとが過ぎました

丸1年が経ったので、生活費がどう変化したか、振り返ってみたいと思います。

去年にも一度「田舎暮らしの生活費は安いのか」という記事を書いたのですが、その時はまだ丸1年たっていなかったので、冬場の光熱費については検証できていませんでした。

ということで、今回は光熱費に着目して書いてみたいと思います!

田舎暮らしに興味のある方のご参考になれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

基本の光熱費

まずは、生活の基本である光熱費から。

田舎暮らしは光熱費が高くつくと聞きますが、実際にどうなのか?

私の場合は、上がったものと下がったものがありました

電気代

移住前はマンション住まいで、しかも今より狭い1LDKにパートナーと二人暮らししていました。

なので、3LDK(4DKかな?)の一軒家となり、単純に契約アンペア数が上がったので、電気代は少し高くなりました。

私とパートナーそれぞれの仕事部屋を作った事も影響していると思います。

あおい

家で快適に仕事をするため、PC周辺機器など環境を整えたんです

移住前と後、冷暖房がかからない時期で比較すると、2~3000円アップ。

加えて、都会生活時代は、2人が常に家にいて仕事してる期間が短かったんです。
移住してからは2人とも99%家にいるので、その分も含めて、電気代が上がっていると思われます。

あおい

ちなみに我が家はPCやゲーム機器等、電子機器多め世帯です

ガス代

続いてガス代です。

移住前は都市ガスだったので、移住後プロパンガスになって爆増する…かと思いきや、我が家の場合はトントンです。

住んでる地域や使い方の違いなのでしょうかね?

あおい

我が家は風呂好きでも料理好きでもないので、ガスを使う量は少なめかも

水道代

ガス代はトントンだったのですが、水道代は上がってます。

上がってると言っても、請求書としては、都会生活時代よりも安いです。
500円前後安い。

なのに何故「水道代が上がった」というかというと、これは市に払っている上水道だけの料金だけだから…!

田舎あるあるですが、我が家には下水道が来てないんです。
汚水は浄化槽で処理されてるんです。

このその浄化槽の維持管理の為に年間2万円前後かかるので、そこを考えると、合計では高くつくというわけ。

那須は水は豊富ですが、面積が広く人口密度が低い為、水道の維持管理費もかかるのでしょうかね。

こればっかりは、仕方ない。

冷暖房の光熱費

さて、日々の生活における光熱費は上がったものと下がったものがありましたが、冷暖房を考慮するとどうなるか、まとめてみます。

暑い時期の光熱費

まず暑い時期から。

ご存じの方も多いかもしれませんが、私の移住先である那須は避暑地としても有名な地域ですので、真夏でもエアコン無しで生きていけます。

真夏だけでなく、梅雨の蒸し暑さ対策の為エアコンのドライを付ける必要もないです。

あおい

よっぽどの暑がりさんは別かもしれん

今年2021年の夏は、雨が多く冷夏とも言える状況なので、猛暑真っただ中であるはずの8月お盆シーズンにホットカーペットをつける有様です…

まぁ、それは異常事態だと思いますので、2020年の実績を考慮します。

扇風機2機とサーキュレーター1機をフル稼働しましたが、都会生活時代に比べて電気代が月3000円くらいずつ減りました。

やはりエアコンが無いから、でしょうかね。

あおい

ちなみに私は元々エアコンが苦手な体質なので、かなり弱め設定でした

というわけで、都心よりも涼しい地域に移住すれば、夏の光熱費は安上がり、という結果でした。

寒い時期の光熱費

ですが、都心よりも涼しいという事は、その分、冬が寒いって事ですよね。

私の移住した那須は、栃木県と福島県の境目にあり、標高もそれなりにあるので、冬は寒い!と言える地域になります。

あおい

我が家の冬の光景は『田舎暮らしのアウトドアライフ』という記事でもご紹介しています。あります

既述の通りエアコンがないので、ガスファンヒーターを居間に1基置いてました。

春になりヒーターが不要になるまでの1シーズンで

灯油18ℓ缶を13本

購入。

私の地域では、

18ℓで1326円だったので、計17,238円を灯油代に使いました。

電気代の方は、居間やベッドルームのホットカーペット(電気毛布)やパートナーさんの仕事部屋のカーボンヒーターも併せて、真冬時期の電気代が通常時の2000円前後アップ。

あおい

燃料の効率化の為、私は自部屋ではなく居間で作業してました

どんぶり勘定ですが、1シーズン移住後の今の方が2万円前後アップしました。

生活費トータルで安上がり

光熱費だけを見ると、一見生活費がアップしたかに見えますが、食費などその他の費用を考慮すると、我が家の場合は最低でも3~4万円は安くなってます。

あおい

家賃が0になった事も考えると更に安上がり

ただし、生活スタイルが激変してしまったので、単純な比較が難しいというのが本音。

移住前の暮らしぶりがどんなだったか、移住後にどんな暮らしをしたいか?にもよるし。

日々の生活には、お金で価値を計れない部分も多々あるし。

あおい

それは田舎にも、都会にも

とはいえ、生活費が激増あるいは激減することを懸念している人の参考になれば幸いです(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

【田舎暮らし】田舎の食費は安いのか?[写真と実例あり] 以前田舎の生活費は安いのか?という記事を書いたのですが、そちらで食費が約半分になったことをご紹介しました。 今回は実例を挙げなが...
このブログが気に入ったらフォローしてね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です