田舎暮らし

【田舎暮らしすると老ける⁉】移住者の私が原因と対策を考えてみた

こんにちばんは、2020年6月末ごろ那須の田舎に移住した文生伊(あおい)です(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

田舎に移住するにあたり、「田舎暮らし」について沢山ググって調べまくったのですが、その中で①仕事がない問題、②ご近所付き合いが密すぎて辛い問題、などと合わせて話題に上がっていたのが

田舎暮らしすると老けるらしいよね

でした。

え、絶対に老けたくないよね!ということで、今回は何故「田舎暮らしは老ける」と言われているのか、調査結果に私自身の実体験と交えながら考察してみます。

「田舎暮らしは老けるから嫌だなぁ」と思っている方の参考になれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

あおい

対策についても調べたので、最後まで読んでくれると嬉しい!

田舎暮らしすると老ける理由

一般的に「田舎暮らしは老ける」と言われている理由をまとめると、トップ5がこんな感じ↓。

老ける理由トップ5
  1. 庭作業など肌荒れを引き起こす活動が多い
  2. ”人に見られている”という緊張感が薄い
  3. お洒落しないといけない場所が少ない
  4. ご近所づきあいなど神経の使い方が違う
  5. 刺激が少ない(退屈してしまう)

では1つずつ見ていきましょう。

庭作業など肌荒れを引き起こす活動が多い

田舎暮らしの都会暮らしとの一番の違いは、草刈をしたり、畑仕事をしたり、何かと外に出て紫外線を浴びる機会が多いこと。

ご存じの通り、紫外線を浴びながら何時間も作業をしていると、とっても肌が荒れます。

紫外線はシミに繋がるというだけでなく、乾燥やシワ・たるみなどにもつながる肌の大敵。人によってはニキビやアトピーが悪化する事もあるんだそう。

あおい

やっぱり老けの第一印象はですもんね~

紫外線だけでなく、土イジリをすると手も荒れやすいです。土の保水性のせいで水分が持っていかれるし、爪の間に土が入って取れなくなって、手が汚らしい印象に…

顔の肌はもちろん、手って人から凄い見えるポイントですから、荒れ果てた肌や手のせいで、「老け」て見えてがち。

私の場合:徹底UVカット+保湿!

私も畑で野菜育ててみたり、田舎暮らしの醍醐味を味わっていますが、肌荒れ対策は徹底的に行っています!

紫外線対策のために日焼け止めをしっかりと塗り、「飲む日焼け止め」も取り入れてます。その上で、帽子も被ります!

あおい

帽子は熱中症対策のためにも必須!

手のケアの為には手袋。普通の軍手ではなく、ラバー軍手が防御力高いです。

そして、作業を終えたらたっぷりと保湿します。

その甲斐あってか、都会暮らし時代に比べて肌が劣化したという感覚はありません。

お洒落しないといけない場所が少ない

流行を上手く取り入れつつ自分に合ったファッションをしている人はそれだけで若々しく見えるもの。

ですが、田舎で暮らしているとお洒落しないと行けないような場所が少ない

その点、都会だとお出かけする施設やイベントが豊富だし、その場ごとに相応しい格好をしないといけないため、己の身なりに気を使っている人が多いですよね。

あおい

結果的にお洒落スキルが身につく!

場数が少なければ、お洒落スキルの向上も難しいし、そもそもお金と時間を割く理由もない。

お洒落をしないandスキルがイマイチとなると、「老け」て見えてしまうのでしょう。

私の場合:流行ファッションチェック

私自身、都会時代は行く先によって服や靴だけでなく化粧の仕方も変えていましたが、移住してからは1度も化粧すらしていません。

そのおかげで吹き出物や赤身などの肌トラブルがほとんどなくなり、化粧って思ってる以上に肌に負担をかけていたんだなぁ、と実感してるところではあるのですが。

あおい

日焼け止めだけは必須!

そうは言っても、また東京に遊びに出かける事もあると思ってるので、時間のある時に前から良く買ってたファッションブランドのサイトや@コスメなどを覗くようにしてます。

見てるだけですが、イマドキなファッションについて知っておくことって大事だと思うんです。知ってさえいれば、必要に応じて取り入れられるし。

とはいえ、私の場合、田舎暮らしを始めてファッションにお金がかからなくなって、

あおい

お金が浮いてラッキー!

と思っちゃってるんですけどねw

”人に見られている”という緊張感が薄い

都会人は若々しいと思われている理由のひとつが、いつもピシっとしてハキハキ動いているイメージがあるからなのだそう。

人口密度が高いし公共の交通機関を利用して移動することも多いので、「常に誰かが何処かで見ている」という意識が働いている事も要因のひとつ。

その点、田舎の交通手段は車が基本だし、人の目が気になるのってスーパーやホームセンターなどお買い物に出かけた時だけ。

あおい

そもそもラフな格好でも行ける場所w

肩の力の入っていない感じ、つまり緊張感が薄い様子が「落ち着いて見える」≒「老け」て見えるのでしょう。

しかも、緊張感が薄れると自然と気が緩み、肌がたるみ肉がたるみ…と老化に無頓着になりがち。

逆に言うと、誰かに褒められも貶されもしないなら、アンチエイジング=老化に対抗する理由もなくなってしまうのでしょうね。

あおい

緊張感無いと気合の入り方も違いますから仕方がないですよね~

Stay Home期間中は皆も要注意!

私の場合、コロナの影響もあってここ数か月間誰とも会っていないので、老けたかどうかは友人に会えた時に聞いてみたいところです。

ていうか移住する前の2020年2月下旬ごろからほぼ自宅に籠って友人にも会っていなかったので、そのまま移住しなかったとしても誰にも会わない生活を続けていたのではないだろうか?

つまり、このご時世だと都会人であろうと緊張感が緩んでる人、多そう。

あおい

お互い、老けないように気をつけましょう!

ご近所づきあいなど神経の使い方が違う

田舎の代名詞「ご近所付き合いが密すぎる」ですが、人によってはそのせいで毎日毎日神経を使ってしまって老けてしまうのだそう。

本来なら落ち着くはずの我が家、そこに住んでいるだけでご近所さんに気づかれしちゃうなんて、体いつ心を休ませれば良いのでしょう?

老け込んでも仕方がない気もします。

私の場合:ご近所づきあいゼロ

ま、私はご近所づきあいほぼゼロなのですが!

あおい

詳細は『私のご近所づきあい方法紹介します』もご一読ください♪

刺激が少ない(退屈してしまう)

記述の通り、田舎はお洒落していくような場所が少ないし、人口密度も低いため友達が少ないという理由もあって、「刺激が少ない」「退屈」と引きこもることによって老けてしまうようです。

確かに人と会わないと笑いも怒りもせず、表情筋も衰えてしまいますよね。頬が垂れ下がってほうれい線が目立つようになると、老け込んだ感が倍増ですもんね。

私の場合:むしろ良い刺激もらってる!

私はアウトドア好きなので、田舎だってトレッキングしたりキャンプしたり釣りしたり、活動的に過ごす方法がいくらでもあって、良い刺激もらってるなーって思います。

元々都会時代だって友達とワイワイ遊ぶタイプでもなく、読書やゲームなど一人遊びが好きだという事もあります。

むしろ「都会って退屈」と思っていたのですが、ま、都会・田舎のどこを見るか?どちらが性に合っているか?という事なのでしょうね。 

都会暮らしすると老ける理由

「どこを見るか?」の点を深堀ってみると、都会人が老ける理由も、沢山思い浮びます。

老ける理由トップ10
  1. 毎朝毎朝超絶満員電車で押しつぶされる
  2. 無理してハイヒール履いて足はガサガサ豆だらけ
  3. 定時退社なんて有り得ないから長時間労働の末タクシーで帰宅
  4. 自分へのご褒美と称してデパ地下スイーツを買い漁り
  5. ストレス発散と称して飲み屋をはしご
  6. 肌荒れを隠すために厚化粧して肌荒れが更に悪化
  7. 常に時間に追われ人目を気にして緊張感から解放される時間が無い
  8. 週末も活動しまくって疲労が蓄積していく
  9. 人口が多い分マウンティングが激しく精神的に疲弊
  10. 自宅にいても隣人が近すぎて生活音・騒音に悩まされる

などなどなどなど…

あおい

いずれも自分自身あるいは友人の経験談です!

対策!ヘルシーなライフスタイル♪

さて、どこに住んでても老ける理由はある!と分ったところで、

じゃーどうすればいいわけ?

脳科学者の杉浦先生によると、『歳を重ねても、見た目だけでなく、脳や心の若々しさをキープしたい。そのための大前提が、ヘルシーなライフスタイルの維持。』とのこと。

「ヘルシーはライフスタイル」の具体的な内容を要約すると、

  • 毎日バランスの良い食事を摂ること。栄養は人の健康や見た目だけでなく、脳のパフォーマンスも左右する。
  • 適度な運動をすること。動くことで脳を含めた全身の血流量が上がり、パフォーマンスアップにつながる。
  • 質の良い睡眠を摂ること。睡眠は体調や肌のコンディションはもちろん、脳や心にも悪影響を及ぼす。
  • 好奇心を失わず、良い刺激を得る事で若々しさを保つ。ネガティブな感情や思考は老化につながるのでポジティブシンキングを心がける。

都会だろうと田舎だろうと、自分がヘルシーに若々しく暮らせる環境を整えられるのはどちらなのか?で選べば良いって事ですよね!

あおい

特に4つ目の「好奇心」は人それぞれの好みもあると思うし!

つまり、田舎であってもヘルシーに暮らせれば「老けない!が答えですね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございましたー٩(´꒳`)۶

田舎暮らしの食費は安いのか?以前田舎の生活費は安いのか?という記事を書いたのですが、今回は食費、特に野菜や果物に注目してみたいと思います。とりあえず野菜に関してはとてつもなく安い、肉も十分に安い、魚は少なくとも刺身盛り合わせは安い、ということが判りました!...
このブログが気に入ったらフォローしてね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です