田舎暮らしの日常

【隣の放棄地】無断だけど自分たちで管理する

こんにちは!那須で田舎暮らしをしている文生伊(あおい)です。

前回の記事『空き地の所有者を調べて連絡してみた』で、

  • 隣の放棄された土地の草木が我が家に侵入してくる
  • 管理して欲しいので、隣の土地の所有者と連絡とってみた
  • が、連絡がつかなかった

という事を書いたのですが。

連絡がつかなかったからって、このまま放置しておくわけにはいかない。

あおい

困るのはウチだからね

それに、連絡する努力はしたということが、市役所による文書という証拠もある。

なので、出来る事をやっちゃおう!ということで、行動に移すことにしました。

まずは草刈り

まず手始めに、草刈りから。

草は、刈られて喜ぶ人はいても、怒る人はいないと思うし。

そもそも、我が家の辺りに生えている草は、地下茎が多いんです。

なので、お隣さんの土地の雑草(地上部)も同時に刈った方が、効率よく雑草の威力を弱める事が出来る。

あと、蔓系の植物もすっごく多い。

結構、お隣さんの藪からウチの庭の草木に蔓が巻き付いて、わしゃわしゃになってる。

こいつらの勢力が拡大するのも防ぎたいので、草刈りしました!

領土侵犯してくる木

木に関しては、なかなか難儀です!

木の主の幹が我が家の領土にあるのか、そうでないのか、微妙~~~~な位置に立っていたりするし、

幹そのものは隣の土地でも、ほとんどの枝葉はウチの領土にかかっている木もあるし。

そもそも、太くて大きい木は素人では切れないし。

ということで、まずは細めの木のうち、明らかに我が家に領土侵犯している子から、対処する事に。

細いけど又別れした木

まずは、こちら↓

庭木の素人伐採

とりあえず我が家にある、ノコギリで切ってみます!

ホームセンターセブン
¥1,408 (2022/06/27 10:54時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

こちらの木↓は、主となる幹の脇から、細い幹がいくつか出ていて、細い割には葉っぱのワシャワシャの存在感が強い。

まずは、細い幹からギコギコ伐採。

庭木の素人伐採

細い幹を切っても、やはり越境してくる枝葉が多すぎたので、主の幹も切ってしまう事に。

それなりの太さがあるので、倒れる際に幹が割けちゃいました↓

庭木の素人伐採

お手ごろ価格の手動ノコギリでも切れる幹の太さでしたが、木の高さとしては、なかなか↓

庭木の素人伐採

しかも重すぎて、運べない…!

あおい

木ってこんなに重いんだ!とビックリ

なので、ひとまず枝を落として、軽くします。

枝を落とす作業は、私もやりました!

庭木の素人伐採

ノコギリと扱いは、難しくはないけど、

腕がめっちゃ疲れます。笑

枝を全部落とし終わると、こういう姿に↓

庭木の素人伐採

つんつるてん♪

これでやっと、大人の男性が引きずれるぐらいの重さになりました。

木の枝や幹は、我が家に越境していたとはいえ、大部分がお隣さんの敷地内のもの。

というわけで、お隣さんの敷地に置いておきました。

あおい

本当は、薪として使っちゃいたいんだけどね

伐採後の姿

伐採した後の様子がコチラ↓

庭木の素人伐採

写真中央の白めの茶色い幹が、今回伐採した子の切り株です。

写真では分かりづらいかもしれませんが、木を1本切り倒しただけでも、かなりスッキリしました!

切り株から水が

翌日だったか翌々日だったか忘れたのですが。

切り株を見てみると、断面が濡れていました!

あおい

梅雨入り前の雨の降っていない時期です

どうやら、根が吸い上げた水分が、幹の断面からあふれ出ている模様。

生きている木だから、根っこはまだまだ元気なんですね。

庭木の素人伐採

人間様の都合で切り倒されてしまい、申し訳ないという思いはある。

けど、枝だけを落として解決する事は難しいんですよねぇ…

枝が多いだけでなく、高すぎるところに茂っているので、業者と重機を入れないと無理だから。

あおい

所有者と連絡がつかない以上、それは避けたい。
時間的にもお金的にも。

なので今後も、自分たちに出来る範囲で、自分たちが困らない為にお隣さんの土地の管理もしていこうと思います。

あおい

ボランティアというか、自衛の為に

最後までお読みいただきありがとうございました!

お時間があれば、もう少し下にスクロールして「ブログ村の応援クリック」していって下さると励みになります🤗

では、またお会いしましょう♪

隣の放棄地の所有者に連絡
空き地の所有者を調べて連絡してみた 都会に住んでいると、空き地を見る事ってレアですよね。 あおい 建物がなくても、駐車場とか駐輪場とか何かしらに利用されてるもん...

POSTED COMMENT

  1. ウラジーミル・アスポン より:

    そうですよね。
    空き地の所有者と連絡する努力だけはしました……。
    これ以上、我慢する必要ないですね。
    我慢したら自分の身が危険でさえあります。

    庭の日照権の問題は一番の悩みでも迷惑というレベルになるのだけど、
    伸び放題の雑木林のせいで野生動物とかが殺到したら身の危険レベルに…。
    そうなると正当防衛と言えますね。

    草刈りしたんですね。
    草ぼうぼうだと、おそらく虫もいっぱいで大変でしたよねぇ・・・

    お隣も同時に刈れば、御自分の敷地の雑草の威力も
    弱まるとは、驚きです。
    空き地でなくても隣の蔓のせいで
    近くにある家が迷惑をこうむるのはありますね。

    雑草はともかく木は難しいですね。
    力も要るから具体的に対処するのも大変!!
    細目からになるのですね。

    電動でないノコギリですね。
    う~大変そうです。電動は怖いけど、楽そうです。
    重いし、少しづつ切って運ぶのも大変そう・・・

    切り株も生きてたんですね。
    切り株から又、生い茂ったりするんでしょうかね…。

    空き地問題は全国で深刻らしいですね。
    放置されて、迷惑らしい話を聞きます。
    空き地のせいで悩んでいる人には参考になりますね。
    連絡つかなかったけど、連絡努力したという証拠が残ったのは大きいです。

    • 文生伊 より:

      ウラジミール・アスポンさん、こんにちは!
      はい、正当防衛だと言えると思っています😊

      土地の登記情報をきちんと管理しない国にも問題があると思います。
      所有者が変わったり連絡先が変わった場合など、変更手続きに期限を設け、過ぎた場合はいったん市町村の預かり地とするなど、なんらか方法はあるはず。
      単に、行政側が大変だからやらないだけなのでは…
      でも今後この問題は加速すると思います。
      人口の多い世代がどんどん他界し、それに伴って宙ぶらりんになる財産(現金だけでなく土地など)が更に増えるんでしょうから…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。