自分で切り株を除去するなら押さえるべき大事な道具とコツ!

切り株の処理道具とコツ
  • URLをコピーしました!

こんにちは!2020年に那須の田舎に移住した文生伊 あおい です。

相変わらずのんびりマイペースに行っている庭の開拓ですが。

切り株を除去しながら、「コレ大事!」と思った道具とコツを発見したので、シェアしますね♪

キーワードは、”てこの原理”です!!

もくじ

ポイントはてこの原理!

まずは一番のポイント。

木を伐採する時、いわゆる切り株みたいな高さ(地面に近い位置)で切らない事!!

既に伐採された切り株の場合、自分でコントロールはできないかもしれませんが…

自分で木を切って抜こうという場合ならば、ぜひぜひ腰の高さくらいで木を切ってください。

そうすると、てこの原理で抜きやすくなります。

伐採と伐根は別料金

業者に木の伐採を依頼する場合でも、伐根は別料金をとられると思います。

なので、可能ならば「後で根っこ抜くので高めで切ってください」と依頼しておくとよいと思います!

切り株の除去にはツルハシとノコギリが便利

自力での切り株の除去には、ツルハシとノコギリがあると便利。

先が細く破壊力もあるツルハシ

切り株を抜く際、土をかなり掘る必要があります。

巨大な切り株でない限り、大きなシャベルだとすぐに根っこに当たってしまい、土をすくうのが大変なんです。

かといって、小さなスコップだと効率が悪い。

なので、ツルハシなど先が細く、破壊力もある道具があると便利!

ノーブランド品
¥4,167 (2022/09/14 23:41時点 | Amazon調べ)

さすがにツルハシは…と思う方は、細めの鍬や三角ホー的なものでもいいかも。

マルト大橋
¥1,173 (2022/09/14 23:41時点 | Amazon調べ)
富田刃物(Tomita Cutlery)
¥1,982 (2022/09/14 23:41時点 | Amazon調べ)

あるいは100均に売ってる手持ちサイズのスコップで、超がんばるか…です。

ノコギリはレシプロソーがあると便利

ノコギリは、手ノコでもなんとかなります。

ホームセンターセブン
¥1,408 (2022/10/04 08:03時点 | 楽天市場調べ)

でも、他にも抜きたい根っこがあったり、DIYもやりたいなら、電動ノコギリ(レシプロソー)があればもっとラクです!

我が家はマキタで揃えてます↓

こだわらないなら、アマゾンで安く買える中華製のものでも大丈夫だと思います。

直径10cmほどの切り株

いざ切り株と勝負!

今回引っこ抜きたい切り株はコチラ↓

切り株の伐根
処理したい切り株

我が家の庭に大量にある巨大切り株ではなく、最近自分たちで伐採した木の切り株です。

まずは、根っこを露出させるため、根っこ周りの土を掘ります。

切り株の伐根
掘る人間と寝る黒猫

揃えたい地面の高さプラスαで掘って、根がいい感じに露出してきたら、

ノコギリで根を切ります。

切り株の伐根
根っこ掘り掘り

掘っては切って、を繰り返します。

切り株の伐根
ツルハシで破壊できる根っこは破壊する

時折、この長い切り株を揺らしてみると、どこが土に引っかかっているかが分かります。

なので、次はそこを重点的に掘り、太い根っこがあれば切り離します。

これを繰り返すと、ある時点で、切り株がグラグラ揺らせるようになります。

切り株の幹が長いおかげで、てこの原理が働いて力をかけやすい!

なので、このやり方は有効だと思います。

あおい

とはいえ人間の胴より太い木だと、根っこを枯らしてからじゃないと大変だと思う

枝のような根っこ

さて、てこの原理のお陰で、太めの根っこさえ切り離してしまえば倒すことができました!

切り株の伐根
倒れた切り株

とにかく、地中の根っこがスゴイこと!

切り株の伐根
左奥にレシプロが転がってます

切り離さなかった細い根っこでさえ、主幹よりも広がっています。

切り株の伐根
左にレシプロ、右に手ノコ

今回は細い木だったので、地面もさほど深く掘らずに済みました。

切り株をどけたら、跡地がスッキリしました♪

切り株の伐根
跡地

これで、邪魔者がいなくなりました。

切り株とクロちゃん

改めてみてみても、木の根っこってスゴイですねぇ。

切り株の伐根

たかが直径10cmの木でも、こんなに縦横無尽に根が張っているから、ちょっとやそっとじゃ抜けないんだって納得できますよね。

切り株の伐根

クロちゃんは、人間が大自然に挑む姿になど興味なし。

切り株の伐根

切り株なんていいからボクと遊べ!と訴えてきます。

黒猫

切り株にも興味ないようでした。

切り株の伐根

最後までお読みいただきありがとうございました!

それでは、また♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お気軽にコメントください♪

コメント一覧 (2件)

  • 自分の腰の高さくらいで切ると
    テコの原理で力がかかりやすく抜きやすいんですね。

    考えてみれば、低い位置だと地面から木を抜くのが短くて大変ですよね。
    ますます力技になりますね。

    でも何も知らなければ、根っこに近い地面に近い位置で
    切ってしまいそうですね。
    力が一番、入る方法を知らないと苦労しますね。

    木を切るのと根っこを抜くのが別料金なんですね。
    手間的に抜くのは相当大変そうなので、抜く料金は高そうです。

    根っこを抜くのに使う道具のツルハシは
    大工道具みたいですね。
    ノコギリは電動ノコギリなんですね。
    手だと大変ですよね。
    しかし手動と電動では値段、だいぶ違いますね。
    10倍近いです。

    人が苦労してるけど、
    猫は居眠りですね。

    掘って根がみえてからノコギリを使っているんですね。
    切り株がぐらぐら揺れるようになったら
    後はテコの原理で抜けやすいんですね。

    土で黒ずんでいるから根っこと分かるけど、
    根っこは、枝みたいですね。

    クロちゃんは、地面でヒンヤリ体を冷やしてますね。
    人間が忙しそうでもマイペースですね…(‘ω’)

    • ウラジミール・アスポンさん、こんにちは!
      テコの原理って、本当にスゴイんだなと実感できる体験でした。
      ツルハシは岩も砕く事ができる道具で、鉱山などの開拓にも使われるような物です。
      なので、破壊力抜群です!
      その分、重くて扱うのが難しいのですが…。
      何をするにも、道具は大事です。
      値段をケチると、人間が大変な目に遭うだけです(;^ω^)
      猫には関係ない様子ですけどね……

コメントする

もくじ