田舎暮らし

田舎暮らししたいけど仕事がない?もうその発想変えよう。

「地方移住」とか「田舎暮らし」と言うと、「移住先に仕事見つけなきゃ!」という話が必ずトップで出てきますよね。

その発想、もう違うと思うんです。

実際、私は現職を継続したまま田舎暮らしを実現させました。今もその某社に所属し100%在宅勤務しています。

最近ではリモートワークとかテレワークとも言いますね~

元々そういう方法は世の中に存在していたのですが、コロナ禍という犠牲を払うことによってその可能性が更に広がりましたよね。

禍を転じて福と為すためには、この状況を活用するしかない!

私はそう強く思い、行動に移しました。

田舎暮らし×キャリアに、ちょっとでも興味のある方のご参考になれば幸いです。

リモートワーク可の企業に転職する

もし現職がリモートワーク可ではないとか、制度としてはあるのに会社として奨励される空気ではないとか、そもそも職種的にリモートでは成立しないとか、

そういう事であれば、

リモートワーク可というかリモートワーク前提の職種(企業)に転職するべきだと思います。

日立製作所やKDDIなど歴史の長い大企業が率先して制限なしのリモートワークを導入し始めています。

まだまだ制度自体が始まったばかりで、社内の実情としてどれだけリモートワークが浸透しているかは内部の人に聞いてみないとわかりませんが、それも徐々に変わっていくでしょう。

コロナ第三派も来てるし、四、五、六…と来る可能性も高いんですから。

どうせ移住先で職探しするつもりだったんですよね?

だったらその転職活動、今から始めればいいんじゃないですか?

都会水準の給与を確保しながら地方に暮らせるって、経済効率抜群ですよ!

起業する

もし「転職はちょっと…」とか「移住先で何かしたいんだけど」という事であれば、自ら起業しちゃうというのも手です。

地域の課題に取り組む「社会性」「事業性」「必要性」 の観点をもった起業(社会的起業)を支援します。(最大200万円)

内閣府

のような支援もありますしね。

わかりやすいのは農業を始める事ですかね。もちろん知識と経験が必要な職業ではありますが、新規就農者への支援も色々ありますし、昨今ならではのスマート農業もどんどん開発されていますから、様々な可能性を探れるのではないでしょうか。

他にも地域に貢献しつつ起業できるネタ、いくつでも転がってると思います。すべては自分次第

フリーランス

とはいえ「起業はハードル高い…」なら、フリーランスとしてその時々でやりたいことをやるという方法もあります。

田舎に住めば生活費も安く済むので、シャカリキに働かずとも、豊かでストレスフリーな生活を実現できるんじゃないでしょうか。

とはいえ、地方によっては国民健康保険料が高くつくケースもあるので、特に扶養者持ちの方はマイクロ起業でもした方が得になるかもしれません。

自分にとってのベスト解は何なのか!?

なにはともあれ、

自分にとっての理想的な暮らし方、働き方について、じっくりと考えること

まずはそこからだと思います。

お伝えしたいのは、「田舎には仕事がないから移住しない。」

そこで思考停止しないで!

ってことです。

従来の固定概念にとらわれず、自分にとってのベスト解、貪欲に探していきましょう!

リモートワーク可の企業を探すなら!
親身なアドバイスが欲しいなら↓↓
パソナキャリア
パソナキャリア
転職支援実績NO.1↓↓
リクルートエージェント
リクルートエージェント
このブログが気に入ったらフォローしてね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です