田舎暮らしの日常

田舎暮らしのアウトドアライフーキャンプ・バーベキュー編ー

こんにちばんは、文生伊(あおい)です。

私は2020年6月に那須に移住したのですが、田舎暮らしを始めると

あおい

アウトドア熱が冷めた…

移住後5か月目の報告でも述べたのですが、普通に家にいても自然と触れ合えるから。

とはいえ、アウトドア自体が嫌いになったというわけではなく、いわゆる車に荷物詰んでキャンプ場を訪れて…とか、大きなリュックを背負って登山道へ行って…という”アウトドアアクティビティー”事をしなくなったというだけ。

あおい

自然とは触れ合ってます!

と言うわけで、私たちがどのようにして田舎ならではのアウトドアライフを送っているか、一部ご紹介します。

今回はキャンプ・バーベキュー編。

アウトドアが好きすぎて田舎暮らしを検討している方の参考になれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

庭で焚火ライフ

そもそもこの家(土地)を選んだ理由が「お隣さんに気兼ねなく焚火がしたい!」という理由から。

あおい

建物自体は全然気に入ってません

ていうか家より庭の方が広いし空気が良いから、庭に出たくなる!

青空と雪と焚火、映えますなぁ

夜の焚火ももちろん映えます!

焚火しながら何をするかと言うと、まぁ、何もしないです。笑。

強いて言えば、静寂の中にパチパチと爆ぜる焚火の炎を見る&聴く。

それだけで心地が良いです。

焚火台:ピコグリル398

ピコグリルは芸人のヒロシさんが使っている事でも有名。

『嵐にしやがれ』でも大野君が使ってましたね。

一気に人気になってしまったので、まがい物も多数出回っているようです。

ご購入の際にはご注意を!

庭でバーベキューライフ

良い感じの食材がある時は、ちょっとしたバーベキューもしてます。

我が家は少食な大人2人なので、いわゆるバーベキューコンロのようなものは使いません。

小さな焚火台と小さな鉄板で十分。

焚火台:ソロストーブ

こちらの焚火台はSolo Stove。

Solo stoveは燃焼効率が良いので薪が良く燃える上に煙くありません。

小ぶりな鉄板を載せるのも熱効率が良く、バランスも良くて安定します。

鉄板:フライングアイアン

こちらの鉄板は、柄の部分は付属せず、自由に木の枝などを加工してくっつけてください、というもの。

ブッシュクラフトっぽい荒々しさが堪らんですね!

3.2mmという分厚い鉄板のお陰で肉も野菜も美味しく焼けます(´﹃`)

猫様とキャンプマット

暖かい日には猫様も参加されます。

愛猫りんはキャンプチェアよりもキャンプマット派です。

冷凍食品でも庭なら美味

火を起こす時間が無いとき、面倒な時は冷凍食品や漬物などを外で食べるだけでも格別なお味に♪

この立地ですからね。なんでも美味しいでしょ!

庭で雪中キャンプ

2020年の12月は例年以上の大雪となった那須。

我が家の庭にもかなりの雪が積もりました!

どのくらい積もったかというと、最高で30cmくらいでしょうか?

↓は、とある日のJB64さん。

こちら↓はアバルト595さん。

もはや「どちら様?」というレベルですな。

さすがに上記の様な大雪の時は雪下ろし&雪かきで精いっぱい、「自然と触れ合って」はいますが、外で遊ぼうという気にはなれず家の中でぬくぬくしておりました。

あおい

マイナス10度くらいになったので、寒いのなんのって

でも、雪中キャンプはしてみたかったんです!ずっと!

というわけで、雪も落ち着いて気温もそこそこ上がったある日、庭にテントを張ってみました。

野営風にPUPテント

こちらはBUNDOKのソロベース。

いわゆるPUP(パップ)テント風でカッコイイですよね!

ソロストーブとピコグリルも活躍。

やかんはスノーピーク。

トライポッドはCAMPOOPARTS。こちらは愛媛県新居浜市のふるさと納税でゲットしました!

写真はやかんですが、ダッチオーブンをかけてもびくともしない抜群の頑丈さと安定感です。

いやぁ絵になるなぁ~

和牛ステーキを鉄板で

この日は大みそかだったので、奮発して和牛ステーキ!

じゅわっ

野性味あふれるステーキです。

まぁ美味でした事…(´﹃`)

晴れた日は猫様も

別の日ですが、よく晴れて暖かかった日には猫様も雪の庭にお連れしてみました。

猫生初の雪に興味津々でした!

晴れた日のステーキも映えますね!こちらは正月祝いと称して焼きました。笑。

寝泊りは家

でも、テントで寝泊りしたことはまだありません。風除けとか荷物置きの為に張っているだけなんです。

理由は、うちの辺りは野生動物が多いから!

サルやイノシシやクマ…なんでもいます。

これが管理されているキャンプ場との大きな違いですね。

あおい

実際に襲われるかは不明ですが、リスク侵す理由もない

テント設営からただの外ゴハンまで

こんな感じで、テント張って焚火する時もあれば、いつものお昼ごはんをちょっと外で食べようか、という日まで様々あります。

思いついた時に、その時々の気分でどういう遊び方をするか決めて、即実行できるのが田舎暮らしの良い所かなと思います。

都会人

どうせ面倒になってすぐに飽きるんでしょ?

という声もあるかと思いますが、面倒になったらやらなきゃいいだけ。

んで、またやりたくなったらやればいい。

あおい

土地は逃げない!

というわけで、アウトドア好きが田舎に移住すると、アウトドアの為のお出かけはしなくなるが庭でそれっぽい事をする。というのが実態でした。

何かのご参考になれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

このブログが気に入ったらフォローしてね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です