野菜づくり

【家庭菜園2年生】ネギ苗を定植[ネギ坊主試食]

ネギ定植

こんにちは、文生伊(あおい)です。

2020年6月に那須の田舎に移住してから、家庭菜園にもチャレンジ中😊

あおい

成功あり、失敗ありだけど、楽しんでます

ジャガイモの植え付けタイミングを逸して、何を育てるか迷っていた今年の春野菜ですが。

先日、いつも行っているスーパー(というか八百屋に毛が生えたような店)で、立派なネギ苗を見つけたので、育ててみる事にしました!

ネギ栽培は長期戦

タマネギやニンニクと同じく長期戦となるネギなので、庭の限られた日当たり良好スペースで育てるのはちょっと迷ってたんです。

あおい

播種から数えると丸1年かかる

でも、予定が狂ってイモが育てられないし、野菜が良いスーパーで売っている苗なら、きっと間違いない品質だろう!ということで、思い切って育ててみる事に。

第3の畝に定植

ネギは、1株ごとの間隔が指二~三本分ぐらいで良い、つまり密集させて育てることが出来るので、マルチをしない方が空間効率が良いのです。

なので、マルチをしてなかった、新設したばかりの第3の畝に定植しました。

まず、畝の形に成型してあった土を、ざくっと掘って片側に寄せます。

そして、畝の端の斜面に寝かすように、ネギを置く。

ねぎ定植
現場監督クロ

一部元気のない子もいますが、土に戻れば復活することを祈りましょう。

土寄せの量が肝心

そして、寄せておいた土の一部を、ネギの根本に被せます。

ネギ土寄せ

と、一度は↑このくらい被せた土ですが、農業系YouTuberさんの動画を見たら、これでは土を被せすぎっぽい。

なので、ちょこっと減らしました。

ネギ土寄せ

ネギの白い部分がチラ見えするかしないか、そのぐらいでOKみたいです。

この方が、ネギの根っこが定着した後、ネギ自身の力で垂直に立ちやすいのだとか。

あおい

ネギは太陽に向かって伸びる性質があるから、斜めに植えられても自然と立ち上がるのだそうだよ

ネギ坊主あらわる

定植から数日後。

春とは思えない暑さが続いていたある日、畑チェックすると、、、

ネギ坊主が!!

ネギ坊主

1つや2つだけでなく。たくさん出てきてました。

ねぎぼうず

苗として束で売られている間にちょっと弱って、そしたらいきなり暑くなって、「ヤバイ!子孫残すぞ!」となったのでしょうね。

でもネギさんには、これから来年の春に向けて大きくなってもらいたいので、ネギ坊主は切り取ってしまいます。

こんだけ採れました↓

ねぎぼうず

ネギ坊主は、天ぷらや炒め物にすると美味しいらしいのだが。

ちょっと量が少ないので、軽く揚げ焼きにして、カレーのトッピングとして食べました。

お味としては、辛くも甘くもなく優しいネギ風味って感じ。

外猫様は春バテぎみ

那須のマイナス10℃の気候にも耐える外猫様たち。

急激に25℃を超える暑い日が来たので、夏バテならぬ春バテしちゃってました。

警戒心の強いサバオですら、小屋の中で両手足を投げ出してぐで~~~と寝ころんでます。

さばお

威嚇したり逃げる気力もない、って感じ。

ブログを書いている今日と昨日は、久々に最高気温10℃以下。

この気温差は、ヤバイです。

今度は、猫たちは発泡スチロールハウスの中に閉じこもって出てこなくなっちゃいました。

かくいう私も、ここ数日間、持病の片頭痛がヤバイです。

毎日頭痛薬飲んでるので、その意味でもヤバイです。

あおい

まぁ、季節の変わり目はしょうがない…

最後までお読みいただきありがとうございました!

お時間があれば、もう少し下にスクロールして「ブログ村の応援クリック」していって下さると励みになります🤗

では、またお会いしましょう♪

POSTED COMMENT

  1. ウラジーミル・アスポン より:

    いつも行っているその土地ならではの素朴なスーパーで、
    立派なネギ苗をGETしたんですね!

    ネギって長期戦なんですねぇ。
    うちでも、適当に家族がネギを再生栽培で育てている気がしますが、
    うまくいかなさそうな気がしてきました。

    3の畝に定植したんですね。
    苗って言っても、もうかなり、ネギそのものとして、
    現在、食べる事が可能なくらい育っているように見えます。
    そして今回は土を被せてますね。ビニールでなく…

    猫はネギを狙う事は無いので、
    見張りにはいいですね。
    クロちゃんが害虫とか退治してくれる事を…
    ちょっと期待してしまいそうです…(^^;
    実際には見てるだけですかね…(^^;

    ネギ坊主…何だか可愛いですね。
    あんまり直に見た事はないです。
    このネギ坊主が出るという事は、子孫を残すモードなんですね。
    この子孫を残すモードは食べる野菜としての成長に支障をきたすので、
    ネギ坊主ちゃんを取るという事ですよね。
    この坊主は、花のツボミみたいなので、ほうっておいたら、花が開花するんでしょうかね。

    寒暖の差は激しく片頭痛の悪化で、毎日頭痛薬なんですね。
    だんだん薬も効きにくくなりそうで困りましたね…。
    人間だけでなく外猫さんたちも寒暖の差でだるそうですね。

    • 文生伊 より:

      ウラジミール・アスポンさんのおっしゃる通り、ネギ坊主=花の蕾なので、このまま放っておくと花を咲かせて種をつける事にエネルギーを使ってしまうのです。
      そうなると、人間の大好きなネギとしての葉や茎の成長が止まってしまうので、ネギ坊主は切り取ってしまうのです。

      ネギは雑草のように強い野菜なので、割と適当に育てても大丈夫だとは聞きます。
      ご家族のネギもうまく育つといいですね😊

文生伊 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。