野菜づくり

【家庭菜園2年生】キュウリ収穫祭[豊作]

キュウリ収穫祭

こんにちは、文生伊 あおい です。

2020年6月に那須の田舎に移住してから、家庭菜園にもチャレンジ中😊

あおい

成功あり、失敗ありだけど、楽しんでます

待ちに待った、夏野菜の収穫祭!

まず一番乗りは、やはりキュウリでした。

キュウリ、順調

6月末に定植したキュウリたちですが。

その後、那須地方では梅雨が戻ってきたような天候が続き、水が大好きなキュウリにとっては良い条件での生育となりました。

7月半ばに第一陣を収穫

そして7月半ばごろには、いい感じに茂ってました!!

家庭菜園のきゅうり

既に、収穫のころ合いのキュウリが複数本も生っています♪

家庭菜園のきゅうり

というわけで、収穫☆

なかなか立派なサイズでしょ?

家庭菜園のきゅうり

形も真っ直ぐだし、色つやも良し!

どうやら成功の様です♪

この後も毎日のように3~5本収穫が続いていまして、、、

サラダに酢の物に浅漬けに炒め物に……もうレパートリーも尽きた……汗

正直、キュウリ3株は人間2人には多すぎたかも?

というわけで、ちょうど夏休みで遊びに来ていたお隣さんにお裾分けしました。

あおい

去年ミニカボチャの苗をいただいたお隣さんだよ

キュウリの水分

キュウリはとにかく水分とトゲがすごい。

細かい産毛のように見えますが、トゲなんです。

これが、素手で触ると地味に痛い。

家庭菜園のきゅうり

あと、水分がすごすぎて、切った後から水滴がトロ~っと。

瑞々しいキュウリに育った証拠ですね♪

ハウスに取り残されたキュウリたちの定植

ところで、キュウリは保険をかけて苗を5株育てていたんです。

場所の都合上、2株だけ定植せずに、育苗トンネルに放置していたのですが、、、

小さい苗ポットの中で必死に成長を続けていたんです!

家庭菜園のきゅうり

しかも、キュウリの赤ちゃんまで!!

家庭菜園のきゅうり

2株とも、ミニキュウリが育ち始めていました。

家庭菜園のきゅうり

これは、このまま捨てるのは可哀そう!伸び伸び成長させよう!ということで、定植する事に。

定植先は、ブロッコリーが虫にやられた後、空き地となっていた場所。

家庭菜園のきゅうり

こちらはネットがないので、支柱に親ヅル1本仕立てで育ててみようと思います。

キュウリを支柱に留めたのは、その辺に生えていた雑草。笑

家庭菜園のきゅうり

イネ科っぽい頑丈な雑草なので、稲わら的に使ってみました。

しかし、長らく小さな苗ポット&背の低い育苗トンネルの中で生育していたので、弱弱しいです。

家庭菜園のきゅうり

写真奥側、既に収穫まで辿り着いている子たちとは、成長のレベルが段違い。

葉の緑の色も、濃くて力強い緑色の奥の子たちと比べると、病弱な色白。

しかも定植後、やっぱり戻り梅雨のような天候が続いているので、どれだけ大きく丈夫に育てるか…??

必要に応じて追肥などをしながら、見守って行きたいと思います!

おまけのクロちゃん

恒例のクロちゃん。

キュウリの葉が茂ってきた頃。

いい感じの緑のカーテンになったようで、株元でお休み中です。

ていうか、キュウリの影とほぼ同化してます。

家庭菜園のきゅうり

ここにいますよ、見えますか?

家庭菜園のきゅうり

ちなみに、クロちゃんはキュウリは食べないそうです。

家庭菜園のきゅうり
ボクは肉食男子ニャ

最後までお読みいただきありがとうございました♪

またお会いしましょう😊

夏野菜 リベンジ
夏野菜リベンジ![種まき培養土は必要]【家庭菜園2年生】 こんにちは、文生伊(あおい)です。 2020年6月に那須の田舎に移住してから、家庭菜園にもチャレンジ中😊 あおい 成功あり...
茎立 ブロッコリーアオムシ被害
【家庭菜園2年生】[悲報]茎立ブロッコリー全滅 こんにちは、文生伊 ( あおい ) です。 2020年6月に那須の田舎に移住してから、家庭菜園にもチャレンジ中😊 あおい ...
日焼け対策
おすすめ日焼け対策5選はコレだ!【家庭菜園】【ガーデニング】 こんにちは、文生伊 あおいです! 2020年6月に那須の田舎に移住して、3年目に突入しました😊 移住してから始めた趣味が、...

POSTED COMMENT

  1. ウラジーミル・アスポン より:

    キュウリのイメージが川やカッパです。
    森林に生えてるのが何となく不思議です。
    そして水耕栽培でない事は知ってるけど、水耕栽培が似合いそうな…。

    キュウリをミニカボチャの苗を頂いたオタクにお裾分けしたんですね。
    そのミニカボチャから種をとってカボチャがポンポン増えてますね。

    キュウリ・・・ちゃんとまっすぐに色もシッカリですね。
    美味しそうです。

    キュウリは、食べた時に水々しいですね。
    切り口は、写真のように水が下たるほど水分豊富なんですね。

    棘が凄いものほど鮮度がいいらしいので、鮮度がいいみたいですね。
    でも、棘は痛いようですね・・・(;・∀・)。

    キュウリの赤ちゃんも棘はシッカリですね。
    花は、こういう黄色なんですね。カボチャの花とも似てる気が・・・

    クロネコは見辛いし、写真のどこにいるのか分かりにくい事があります。
    畑で土のつかないゾーンでベターッと休むところみると、
    外猫のクロちゃんも土をあまり身体につけたくないみたいですね。

    キュウリと言えば、夏は冷やし中華に添えたり、
    生春巻きの中身にする事が多いです。

    • 文生伊 より:

      ウラジミール・アスポンさん、こんにちは!
      キュウリのほとんどが水分なので、水か好きなのは頷けますよね!
      こちらの気候に合った野菜の様です。
      カボチャの花と似ているのは、どちらもウリ科だからでしょうね。
      でも、キュウリの花の方が小さいです。

      クロちゃんは、汚れる事や濡れる事に頓着しない子のようです😓
      今回の写真ではたまたまマルチングの上ですが、土の上でもよくゴロンしてます。
      そのあとグルーミングしてるので、毎日かなりの量の土を食べていると思います……

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。