iPhone

【iPhone】写真のフォーマットを互換性あるものに変更する方法

iPhoneのカメラ設定

こんにちは、文生伊(あおい)です!

私は2020年に那須の田舎に移住したのですが、写真をたくさん撮るようになったんです。

そのほとんどが、新たに我が家のメンバーに加わった猫様と、家庭菜園の記録写真なのですが😸

その写真を、PCに取り込んでブログに乗せようとしたところ、

あおい

HEIFって形式、一体何…?

となってしまいました。

どうやら、画質と圧縮率が非常に高い、効率の良い画像フォーマットらしい。

そのため、iPhone側としてはデフォルトの設定になっている模様。

しかし、PCに取り込んで画像編集して、ブログにアップしようとすると、HEIF形式は使えない。

なので、いちいちJPEGなりPNGなり、ブログでサポートされている形式に変換しているのですが、

あおい

面倒くさい!!

という訳で、iPhone側の設定で、最初からJPEG形式で保存できる方法を探しました。

今回は、備忘録も兼ねて、そのやり方をご紹介します😊

iPhone設定→カメラ

まず、iPhoneの[設定]をタップ。

この画面に入ったら、下の方にスワイプして、[カメラ]をタップ。

iPhone設定

すると、一番上の項目に[フォーマット]がありますので、それをタップ。

iPhoneカメラ設定

もし次の画面で[高効率]にチェックが入っていたら、HEIF形式の設定になっています。

ブログ等で互換性のあるファイル形式にしたければ、[互換性優先]をタップして選択しましょう。

iPhoneカメラフォーマット

これで、JPEG形式で写真が保存されるようになります!

あおい

動画も、互換性の高いMPEG系の形式で保存されるようになるよ

このブログが気に入ったらフォローしてね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です