家庭菜園

素人家庭菜園:自然農法4か月目の報告

田舎に移住したばかりの私が、せっかくの広い庭と肥えた腐葉土を活用するため人生初の畑作りにチャレンジしているのですが、有機栽培&寒さ対策としてトンネルをした畝1号と2号とは別に、自然農法という野菜作りも取り入れています。

30㎝の積雪でトンネルがつぶれてしまった畝1号&2号でしたが、トンネルさえしていない自然農法の野菜たちはどうなったのか??

全体像から

本記事のトップ画像が大根や小松菜などの植わっている場所なのですが…まぁ、こうなりますよね。

雪が止んで穏やかな晴れとなったある日、溶け始める雪をかきわけて野菜たちに陽の光をあててみました。

とりあえず、みんな緑ですね!

まぁ雪に押しつぶされていたとは云え、その間は冷凍保存されていたって思えば、すぐに死んだり腐ったりはしないのですね、きっと。

大根:4か月

有機栽培ではもっとも順調に育ってくれている大根。自然農法の方でも、小ぶりながらもなんとか育ってくれていましたが…

やはりぺたんこにはなっているものの、葉っぱがきれいな緑ですね!

ちょっと黄色く弱っている子もいますが、もともと小さい子だったので、生き延びる体力が大きい子たちより劣っているのでしょうか??

例のアオムシに食い尽くされながらも復活を遂げているこの子も健在です!

葉っぱが多き立派な株の子は…ちゃんと大根です!!

大根はあまり寒さに強くないとも聞いていたのですが、ひとまず安心しました。

小松菜:4か月目

畝1号(収穫済み)と同時期の子たちであるにもかかわらず小ぶりだった子たち、畝2号の子たちよりは大きくなっていたのですが。

うん、大丈夫そう!!

小松菜は寒さにも強く、むしろ甘みが増して美味しくなるとのこと。

食べてみたい気持ちを抑えて、もう少し大きくなってくれるまでこのまま畑で育ててみます。

にんにく:3か月

畝1号では順調そうなにんにく達。

自然農法の方でも、なんとか生存を確認できました!

もともとにんにくは青森が産地として有名なくらい、寒さに強い野菜。そんなに心配はしていなかったけど、やっぱり無事だと分かると嬉しいものですね♪

そして謎の土の方のにんにく。

こちらは有機農法の方なのですが、どうやら無事のようです!

(※写真を撮った日が違うので積雪の量がちがいます。)

謎土自然農法の方は敢えて雪かきせず、太陽の光で溶けるのを待ちました。違いがあるのかどうか、試してみたかっただけですw

面倒だったわけではありません!

とりあえず、自然農法で育てている皆は無事そうです。

30㎝もの雪に押しつぶされながらも、ちゃんと育っているだなんて…

感動✨

まだまだ寒い日は続きますが、引き続き見守っていきます!

このブログが気に入ったらフォローしてね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です