田舎暮らし

田舎物件の探し方:別荘地編

私は2020年に那須に移住したのですが、以前ご紹介した田舎のフツーの我が家という記事でさらりと触れた、新居捜索中に別荘地ならではの田舎暮らし物件の探し方のコツを学んだのでご紹介したいと思います。

100%田舎暮らし志向の方でなくとも、デュアルライフや別荘をお探しの方にもご参考になるかと思います。

管理されている別荘地

別荘地、というと、門構えやゲートがあって管理棟があって、区画ごとに分譲されていて…というイメージですよね。

実際、那須にはたくさんそういった別荘地があり、多くの方が別荘地として利用されていて、募集もされています。

どういう田舎暮らしがしたいのか?にもよるのですが、別荘地には様々なメリット・デメリットがあります。

  • 別荘地として囲われているので防犯性が高い
  • 管理人さんが冬場の水道の凍結防止をしてくれる
  • 管理人さんが別荘地内の道や木々などの整備をしてくれる
  • ゴミステーションが利用できる
  • オシャレな別荘物件が多い
  • ゴルフ場や温泉など提携施設が無料or優待価格で利用できる

特にデュアルライフや別荘利用を考えている方は不在がちでしょうから、水道の凍結防止なんかはありがたいサービスだと思います。

逆に定住するならあまり必要ないかもしれません。

あと、ごみ問題ですね、一般的な住宅街だと自治会とかに入らないといけないし、ごみの出し方でご近所さんと揉めてしまう、なんて都会でもどこでも発生する問題ですから、管理人さんが全部やってくれるというのは本当に楽だと思います。

これは逆に定住者の方がメリットが高いかもしれません。

実際には管理費取るくせに管理がずさんな会社もあったりするらしいので、どうせ高いお金払うんだったらちゃんとした管理会社(別荘運営会社)の別荘地を選びたいですね

しかしその反面、デメリットもいくつか挙げられます。

  • 管理費がかかる
  • 分譲区画によってはお隣さんが近い
  • 公営水道ではなく私営水道である場合が多く水道利用料が高い

管理費や水道利用料が高いといっても、得られる特典との天秤にかけてコスパで判断してもいかもしれません。

お隣さんが近いことも、都会みたいに手が届く近さではありませんから、もしかしたら気にしない人は気にしないかもしれません。

ですが、別荘の中古販売のサイトをいくつか見ていただくとすぐわかるのですが、普通に使えそうな小綺麗な物件が300万とか400万とか破格の値段で売られているのを幾つも発見できると思います。

これは、写真では見せられない傷みがあるというわけではありません(そういうのもあるとは思うけど)。管理費が高くや公営水道ではないという点で、資産としての価値がつかないという事なんです。

一部高額物件もありますが、築浅な分価値が乗っているだけで、将来的には暴落必須です。

ここだけの話。管理会社や不動産会社はそれをわかってるから、「管理費〇〇円」て書いてないサイトも多いです☹

多くの場合、バブリー時代の別荘ブームに乗って親などが購入した物件を相続したものの、重すぎる固定資産税管理費等に耐えられず「今すぐにでも売りたい!」と販売しているものです。持っているだけで金食い虫だし、安くてもいいから早く手放したいのです。

なので、初期費用抑えたい!とか、別荘地ってなんか素敵な建物が多い!とかって安易に選んでしまうと、長く使うには考えものですよ。

特にお子さんがいらっしゃって、「人気別荘地なら資産として残してあげられるし!」と思われている方、その逆です。ただの重荷となってしまう可能性大なので、長い目で考えてみてくださいね。

日本にまた高度経済成長期が訪れて別荘ブームが再来すれば別ですけど、ま、来ないですよねw

管理されていないけど別荘地

別荘地、というと、上記の通り管理されている別荘地を想像する方がほとんどだと思います。ですが、稀に管理されていない別荘地もあります。

同じくメリット・デメリットを挙げてみます。

  • 別荘地として囲われているので防犯性が高い
  • オシャレな別荘物件が多い

那須ではなく箱根の管理なし別荘地の事例なのですが、あんなに観光客で賑わっている箱根、しかも国道1号線からちょっと入っただけの別荘地なのに、森に囲まれて隔絶された空間となっていて、すっごい静かで現実逃避ができる立地になっていたのが好印象でした。

しかしデメリットもあります。

  • 公営水道ではなく私営水道である場合が多く水道利用料が高い
  • 別荘内の道や木々の管理があまりない
  • 放置物件(ほぼ廃墟)が多い(場合もある)
  • 別荘地の経営会社が土地の突然運営方針を変えることがある

別荘地内の道って、私道になるんですよね。管理のある別荘地の場合は既述の通り管理人さんが整備してくれますが、管理が無い別荘地の場合は整備が行き届かないことがあるようです。

私が見に行った別荘地ではアスファルトが劣化しまくって亀裂や穴だらけなのに放置されまくっていました。別荘所有者からお金を取らない分、本当に最低限の整備しかしないようですね。

しかも「管理費がかからないからいいやー」と何年も放置されたような廃墟も多く、ガタガタの道と相まって寂れた感じがムンムンしちゃってるのも残念ポイントです。

ていうか怖いです…

管理費のかかる別荘地は「ちゃんと使わないともったいない」とか「売れるようにキレイにしとかなきゃ」って気持ちが働きやすいんでしょうね。街の雰囲気が全然違いました。

でも一番のネックは4つ目のポイント、土地の運営方針を変える、だと思います。

ある日突然隣の区画にソーラーパネルを設置されたり、なんかの施設になってしまったりとか、そういったトラブルがあっても別荘所有者には発言力がない模様です。

いくら管理費とってないからって横暴過ぎないか?とも思いますが、無管理別荘地によっては会社の一存で決まってしまう、ということが起きうるようです。

あくまで私が聞いたり調べたりした話ですので、その限りではありません。

別荘地外の別荘地

第3の別荘地、それは別荘地外別荘地です。なんじゃそりゃってネーミングですがw 我が家の事例がそうなのですが、元々の地主(あるいは行政が持っていた土地)を分譲し、そこに別荘利用者が集まる、とうケースです。

  • もちろん管理費がかからない
  • 家の前まで市道が通っている
  • 公営水道が来ている
  • 別荘地利用者も多く移住者が入りやすい

我が家がこの別荘地外別荘地に相当するのですが、本当にただの森だった場所を区画に分けて売っていたようですね。なので、近くに古くからの地元民の方が暮らしているわけではないです。

ほとんどが別荘利用者で、一部は林業の業者さんが杉などを植林していたり、一部は会社か学校の保養所になっていたり。でもだいたいが森のままです。

我が家の目の前は市道なので、何か問題があれば市に連絡すると対応してもらえます。ですが、砂利道です。大雨が続くと泥水が貯まり、車がドロドロになりますw

ガレージ建てる計画もあったのですが、どうせ道に出た瞬間に汚れるしなぁ、と優先度下げました…

あと公営水道についてですが、これは土地によるので、私営水道が通っていないという意味で捉えてください。

水道ではなく井戸を掘っているお宅もあります。井戸だと使用量がかからないらしです。

ただ、わざわざ別荘地外に別荘を建てているわけなので、公営水道が来ている土地を狙って建てられる物件が多いように思います。

  • 住民に優しい設計になっていない
  • ごみ問題や敷地内の管理などは通常の住宅街と同じ
  • ていうかゴミステーションが徒歩圏内に無い
  • 森の中なので虫や獣の中に人間が割り込む感じの生活になる

古くからの地元民や定住者向けに作られた地域ではないので、当然住民の利便性は考えられていません。

我が家の前は砂利道だし、街灯が1個もないし、ゴミステーションもないし。

ちなみに別荘地だろうと別荘地外だろうと、古くからの地元民や別荘利用者・移住者さんたちとの交流は自分次第だと思います。

例えば引っ越したタイミング等でご挨拶に伺がったり、別荘内の施設やイベント等できかっけを作ったり。行くか行かないかは自分次第。

私は目に見える範囲の方々にご挨拶はしていますが、別荘利用ということで普段はいらっしゃらないので、ご近所付き合いと言うほどのものでもありません。

気楽なもんです!

ゴミは週1か隔週1回くらいのペースで市のクリーンセンターに捨てに行ってます。

都会だともえるゴミだけでも週2~3回の収集がありましたが、それに比べると生ごみは処理機などで臭いが出ないようにする工夫は必要です。が、庭にゴミ用の密閉容器など置いておけばかさばることも無いし、不都合は感じません。

別荘地ならではの賑わい

最後に、那須などの別荘地ならではの問題、それは観光シーズンの賑わい、です。

自身が別荘利用の場合は連休の際などにしか来ないでしょうから気にならないと思いますが、

定住者としては普段の静けさとのギャップが激しすぎて若干引きましたw

しかも貸別荘やキャンプ場などは時々しか来ない方々が多いし、テンション高いですからね。

気持ちはスッゴイわかるのです。最高の環境と最高の仲間がいたら、そりゃサイコーですよね。

でも、そこまでアホになれる!?ていうくらい夜通し奇声を発し続けている集団とかいたりして、

え、死ぬの?

って思っちゃいます。マジでドン引きです。

なので、そういった喧噪は嫌だ!独りぼっち(家族ぼっち)で静か~でマイペースな生活を送りたい!という方はポツンと一軒家しかないですね。

もし逆に地元民と交流したり土地に根を張りたい人は、ポツンとでも別荘地でも無いほどよい集落を探されたほうが良いと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

どれを選んでも一長一短、あとはあなたがどういう「田舎暮らし」を送りたいのか?次第だと思います。

ちょっとでも考えるきっかけになったなら幸いです♪

このブログが気に入ったらフォローしてね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です