お金

経済的自由へ①意識改革

grow money

私が「お金」、すなわち経済的自由について意識し始めたのは2020年2月ごろ。

きっかけはハマっている中田敦彦さんのYouTube大学で紹介されていた『金持ち父さん貧乏父さん』でした。もともと歴史好きがキッカケで中田さんの動画を見始めたので、正直お金関係の動画は「ついで見」くらいの気持ちでしたw

ところがどっこい、「えぇぇぇーーーー?早く言ってよあっちゃーん?」と一気に開眼し、お金に対する意識改革を始めました。

以来YouTubeのお金関係の動画を見漁りブログを読みまくり、金融リテラシー向上のため勉強勉強!

ここでは私の学んだことや成長記録をシェアすることで、「将来のお金が心配です」とか「これから勉強しようかな」と思ってらっしゃる方々の参考になれば、一緒に学んでいければ、幸いです。

高給取り≠お金持ち

突然ですが、下記のグラフをご覧ください。

こちらは厚生労働省による『2019年 国民生活基礎調査』から抜粋したの日本人の世帯所得分布です。全体平均で552万円、約65%の世帯が600万円以下のゾーンに属しています。

私はと言うと、2019年は個人で850万円、パートナーと合わせると1500万円くらいの所得でした。それって、日本全体で見てもトップ5%しか得られていない所得水準なんです。

え、なに、自慢?( ゚Д゚)㌦ァ!!

いえいえ違います!!むしろ逆です。

こんなに稼いでるのに、私、貯金が100万円も無いのです!!

しかも、自分的には「こだわりの〇〇にお金かけてます」とか「××だけはやめられないのよねー」的な意識的消費がほぼゼロであるにもかかわらず、です。

[L1_wsbStart][L_wsbAvatar]https://www.choinaka.ji-freedom-nature.com/wp-content/uploads/2020/08/unhappy.jpg[L_wsbName]あおい[L_wsbText]強いて言えば車。とはいえ魔改造とかしてないし月々ガソリン代程度だし金食い虫と言うほどでも無いし…[L_wsbEnd]

申し遅れましたが、私はパートナーとの二人暮らし、いわゆるDINKsとかパワーカップルとかいうやつです。

チビで少食、エンゲル係数の低さが自慢です。

たばこやギャンブルはやりませんし飲み会嫌いなので交際費はほぼゼロです。

風呂上がりのビール一杯とかもやりません、てかビール嫌いだし。

プラダとかヴィトンとかハイブランドに興味ありません。

本革は臭いがキツイし重いし非合理的な素材だと思ってるし、貴金属とか光る石とか集めて何の得になる訳?って思ってる可愛げのない女ですけどナニカ。

さらに言えば、20代の所得が400~500万円だった頃から生活水準を大きく変えたつもりもありません。

でも、お金、無いんです。

……つまりは、そういう事です。所得が増えても無計画にダラダラと消費をすれば金は無くなる。当たり前ですが、そういうことなんですね。

浪費、ダメ、ゼッタイ

さて、これだけ文字を費やして騒いだ私お金が無い問題ですが、あっちゃんの動画見る前から知ってましたよ、当然。

自分で稼いだんだから使って当然だと思ってたし、「目的のない貯蓄とか金利低いのに意味わかんなーい」なんて言っちゃったりしてね。じゃあ何故突然ショックを受けたのか、それは、

投資が出来ない?

からです。

投資なんて、正直、私は一生やらないと思ってました。ってか例に洩れず「投資=怖い」って信じてました。桐谷さんとかマジ変人だと思ってました。

でも、投資はせねばならん!誰でもない自分のために!!

そうしないと、お金がもったいないし、将来の自分の生活(時間)がもったいないし、経済的自由なんて程遠い。

そう気づかせてくれたのがあっちゃんであり、『金持ち父さん貧乏父さん』でした。

つくづく、今までの私の浪費っぷりが腹立たしいです。もっと早くに知りたかった!

もちろん、経済的自由のために必要なのは投資だけではありません。

今以上に一生懸命会社で働くこと、でもありませんが、当然、収入を増やすことは手っ取り早い方法です。ですが、それって即効性はないですよね。ってか、

「今以上に働けってか!?無理でーすハーイありがとうございましたー」

って感じですよね。

まず一番は支出を減らすことです。そう、浪費をやめることです!それは自分でコントロールの利く範囲ですよね、しかも今から。

私はまず、クレカの明細を見ましたね。で、あまりに「なんだっけコレ…」という履歴が多すぎて、今まで如何に自分がテキトーな管理をしてきたか、痛感することとなった訳です。

「なーんだ当たり前のこと言いやがって!」そう、当たり前なのです。ですが、当たり前の事なのに、多くの人が出来ていないと思いませんか?特にアタシw

で、大事なのは、収入を増やして支出を減らす理由、その目的です。

私が貯蓄をしなかった理由、「目的のない貯蓄なんて意味わからん。」

そこ!

目的は

「余剰資金を株などで運用し増やすことで、会社からの手取り以外の収入源を確保する。」

それだったのです!それさえ知っていれば、今頃どんくらい…(*´Д`)ハァ

一生サラリーマンですか?

もちろん、私が阿保消費したせいばかりではなく、所得に応じて税率も上がっているせいで実際の手取りは見た目ほど増えてない説もあります。

そのような、サラリーマンが搾取されている日本の構造を知ることができたのも、お金の勉強を始めたからです。

その辺りはリベラルアーツ大学の動画が最も参考になりました。両学長の人柄に元気をいただけるし。

書籍版の『本当の自由を手に入れる お金の大学』は絵も可愛いしとっつきやすいと思います。

雇われることで会社に搾取され、税金という形で国にも搾取され、サラリーマン何もいいことないじゃん!

私、別の生き方がしたーーーーい?!!

お金の勉強を始めたことで、新しい人生の目標が出来ました。

もともと、自分は一生をサラリーマンで終えるものと思ってました。

凡庸な自分には起業なんて才能もセンスも無いし、仲良しの同僚と上司や会社の文句を吐きながら、サラリーマンという枠の中で何とか自分の居場所を探しながら生きていくのだと思ってました。

2020年1月に転職し、年収1000万円が見えた時点で「むしろ気楽な平社員でこの所得レベルならベストバランスじゃね!?」くらいに思ってました。

でも、なんかモヤモヤした気持ちのまま仕事をしていた事は間違いない。加えて上司がクズ、それに対する会社の対応も杜撰で、度重なる抗議も空しく、時が経つにつれ心の闇は深まっていきました。

しかも、前職での似たような事件も思い出してしまい、「サラリーマンである限り一生この繰り返しなのだろうか…」と暗~い気分にもなりました。

[L1_wsbStart][L_wsbAvatar]https://www.choinaka.ji-freedom-nature.com/wp-content/uploads/2020/08/unhappy.jpg[L_wsbName]あおい[L_wsbText]大企業の闇については別途…[L_wsbEnd]

それでも、他の生き方がわからなかった。

だって、子供のころから、

「ちゃんとした大人になりなさい。ちゃんとした大人ってのは、いい会社に入ってたくさん稼いで自分で自分の面倒が見られる人です。」

そう教え込まれていたのです。

実際、うちの父はサラリーマンながら最高年収3000万円という、日本のトップ1%だけしか存在しない恐ろしい額の給与を稼いでいました。

そんな模範解答が身近にいたら、もぉ、思考停止です。

そんな私にすっごく刺さった本。

僕たちは、地味な起業で食っていく。 今の会社にいても、辞めても一生食いっぱぐれない最強の生存戦略

著者のおっしゃること100%実践するかは好みもあるかと思いますが、めちゃくちゃ勇気をもらえます。起業って選ばれし者だけの技じゃなかったんだ、と教えてくれました。

自分の人生を自由設計しよう!

もちろん「お金の勉強=サラリーマン辞める」ではありません。

でも、お金に余裕ができるという事は、自分の人生を自由に設計する権利を手に入れられる、ということです。

会社が好きなら残ればいいけれど、会社以外に拠り所があるということは経済的余裕だけでなく心の余裕という意味でも非常に有効です。

まずは、そういう世界がある、と、知っておくだけでも意識改革につながると思います。

私がお金の勉強を経て学んだこと、まだ間もないので自慢できるような成果は少ないです。

でも、世の中には大層な成功事例ばかりが溢れていると思いませんか?そうじゃないと大きな話題にならないし、ググっても上位に出てこないので、当然かもしれません。私のこのブログも一体何人に届くのかわかりません。

それでも、実際に私が実践した・していることを地道に紹介していこうと思います。

人によって簡単(すぐ出来る)か難しい(自分に合わない)はあるかと思いますので、あくまで「こんな人もいるんだなー」と、ご自分の都合に合わせて成功例・失敗例ピックアップしていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!次は「固定費の削減」について語ろうと思います。ぜひ読んでみてくださいね♪

超おススメ!
このブログが気に入ったらフォローしてね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です